TOPICS

なぜ與止日女神社に奉納されたか?

564年に創建された與止日女神社は、山間部より平野部の付け根にあり

佐賀平野に水を潤す重要な位置にあり、水の神として崇められていた。


また、奈良時代より国府政庁が近くの大和町惣座にあり、

当時から肥前の神社として大きな神社であり、まつりごとを行う神社として

時の役人・豪族・有力者の守り神として崇敬され

肥前の国(佐賀・長崎)の第一の神社として『肥前一ノ宮』と言われ、

有力者の寄進田も多く、最盛期には350町歩に及ぶと言われた。


そういう意味において、銅鏡が奉納されてもおかしくないと思われます。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
xqti