TOPICS

肥前一之宮 與止日女神社略記

御祭神 與止日女命 

與止日女命は「八幡宗廟之叔母、神功皇后之妹」にます尊い神様であります。
また一説に豊玉姫命(竜宮城の乙姫様で、神武天皇の御祖母にます)とも伝えられています。

由緒
 
欽明天皇二十五年(564年)甲申冬11月朔日創祀され、朝廷の御崇敬篤く、
日本三代実録・延喜式・大日本一宮記・神社考其の他の諸書に載せられています。
即ち貞観二年(860年)従五位上に、同十五年正五位下に進められ、
延喜の制小社に列して祈年の国幣に預かりました。
のち二条天皇應保の頃(1161年)には肥前国一の宮とされ、
亀山朝の弘長元年(1261年)正一位を授けられました。
かくて一国宗祀の主要な地位を占め、5月、8月の神事に際しては、
国衙方奉仕の事がありました。
 
鎌倉時代に入っては、院宣並びに関東御教書を賜ひ、肥前一箇国平均の課役により
社殿の造替遷宮を営むを例とし、後醍醐天皇元亨二年には後宇多院の院宣並びに
幕府の御教書を賜って、本殿以下の造替を行ひ、8月29日を以て遷御の儀を執行しました。
 
かくて社領の如きも、付近一帯の地に亙り、四条天皇仁治年間(1240年)には
270余町の神佛事料免田を、更に伏見天皇正應年間(1288年)には、
13,470余町の造営免田を有するに至りました。
 
降って室町戦国時代には、地方豪族、武門、領主、藩主から、肥前国鎮守一宮として
篤く尊信され、屡、神領の寄進、安堵下文、祈願等がなされた事は、
その蔵する多数の古文書、或いは鍋島家の文書から知ることが出来ます。
かくて社領として田畑三百五十町を保持しました。
 
別名河上神社、俗に「淀姫さん」とも呼ばれています。
 
旧格県社(明治4年)。戦前、国幣社昇格の儀が進められましたが、
準備が整わぬ中に終戦となり、実現出来ませんでした。


例祭 4月18日
 
隣接する神宮寺である実相院の御経会の期間中で、終日賑わいます。


御社殿
 
本殿/五間社流造、側面四間
中殿/正面一間、側面四間
拝殿/正面五間、側面三間、入母屋造、唐破風付、別棟神饌所付

総べて屋根銅板葺、総素木造、随所絵様彫刻。文化十三年(1816年)火災焼失後、
鍋島家より再建のもの。西神門、四脚門、屋根本瓦葺
 
棟木銘写に「奉造立肥前国第一宮河上淀姫大明神西ノ門一宇 
大檀那龍造寺太郎四郎藤原鎮賢神代刑部大輔武邊長良 
願主蓮乗院増純 元亀四歳癸酉三月吉祥日」とあり、
元亀四年(1573年)に造立されたもので、正面、側面の蟇股、破風の懸魚等に
室町後期の様式が見られます。昭和61年、県重要文化財に指定されました。


境内地 2,795坪


文化財

一、河上神社文書 国指定重要文化財
総数247通、14巻の巻物に仕立てて保存してあります。(県立図書館で保管)
平安時代10通、鎌倉時代92通、南北朝時代85通、室町時代57通、安土桃山時代3通で、
その中最も古いものは寛治五年(1091年)の社増円尋解状で、
これに続く永久二年(1114年)の白河上皇の院庁下文は、この種様式の文書としては
国内でも最古のものに属します。

正応五年(1292年)の河上社造営用途支配惣田数注文や文保二年(1318年)の
河上宮免田坪々領主交名注文案には、この文書のみによって知ることのできる
肥前国内の荘園、郷保名或は里名が多数書載されています。

当社の文書を様式的に見れば、院宣・令旨・大宰府庁宣・同下文・雑訴決断所牒・
関東御教書・鎮西御教書・同下知状・国宣・国司庁宣等多様なものを含んでおり、
差出人について見ると、京都東福寺を開いた聖一国師・高城寺開山順空円艦禅師・
九州探題今川了俊・20数人の書状・寄進状・安堵状などがあります。
昭和五十五年、重要文化財に指定されました。

二、淀姫大明神御影 掛物一幅
絹地極彩色絵図 箱蓋表書「大明神御影」同裏書「肥州第一宮河上社淀姫大明神御影」 
箱内木片書「享保五年十二月二十八日、捕 円乗」

三、千珠 満珠 二個

四、御 沓 一足(箱供)

五、後陽成天皇宸筆勅額 一幅
木堅額 黒漆地に金文字で2行に刻書
「大日本国鎮西肥前州第一之鎮守 宗廟河上山正一位淀姫大明神一宮」、
慶長七年(1602年)賜わり、現に神殿正面に掲げてあります。

六、木額 扁額一幅
副島種臣筆「火國鎮守 明治丁亥夏」と刻書(明治二十年)。拝殿正面に掲げてあります。

七、三の鳥居(肥前鳥居)
境内にあります。石造明神鳥居で、その形式、珠に笠木鼻の形に特有の様式が認められ、
肥前鳥居と称し、柱に「慶長十三歳仲秋吉祥日 鍋島信濃守藤原朝臣勝茂」の銘があります。昭和六十年、町重要文化財に指定されました。

八、焼 楠 一本
神殿西にあり、文化十年の火災に焼けたもので、廻六丈、高三丈六尺、
当時霊木の大楠として名高かった由。鍋島勝茂公この木の四囲に高く石垣を築かれ、
今もそのまま残っています。


氏子・崇敬者
 
氏子は約800戸、旧川上村の大部分です。
崇敬者は嘉瀬川の流域、川上、川下一帯、佐賀郡市、小城市にまでおよび、
広く水神、農業の神として、またなまず治癒の神として信仰され九月頃は
佐賀市鍋島町より区毎の川上詣りが続きます。
また四季を通じ、行楽の客が絶えません。


口碑・伝説 神のお使い「なまず」
 
当地では、なまずを淀姫さんの御眷族(お使い)といって食べません。
肥前風土記の川上の神の条に「或は人其の魚を畏むものは殃無く、或は人捕り食へば
死ぬこと有り」とある。その魚がこのなまずになったのではないかと思われます。


交通便
○国鉄長崎本線佐賀駅下車、バス20分。
○国道34号線より同263号線を北へ車で10分、同323号線との分岐点。
○長崎自動車道佐賀大和インターチェンジより国道263号を北へ車で3分。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ienz